[12-4] ザ・ハウス南麻布

2013/11/07更新

 今日は、南麻布で知る人ぞ知る、というか業界の人はみんな知ってる有名マンション、ザ・ハウス南麻布が安く出ていたので見に行きました。

 

 セゾングループの迎賓館として使用されていた米荘閣の跡地に建つマンション。広尾駅至近、大使館エリア、有栖川宮記念公園至近と周辺環境は申し分なし。築6年目。

警備員常駐のエントランス

 

非常に広い共有部分に驚く

 106平米1.6億円、272平米で8億円とか、価格もまちまちで出されていますが、平均すると坪600~800万円程度はしている様子。

  確かに最近の量産型マンションとは違った風格はあるのだけど、ちょっとこれ設計委託したデザイナーがあんまり良くなかったんじゃないかと思うわけですよね。 広い共有部分通路は照明と(写真はちょっと明るく編集しちゃったのだけど、実際は)採光が弱めでコントラストが低い。なんだか天国に続く回廊みたいな感じ でしたよ。マンションではなく、何か違う分野の得意なデザイナーを起用したのではなかろうかと。

 部屋は、さすがにこのクラスになると、 ドアは柾目突き板の木材様素材を使用、フローリングではなく絨毯、廊下も幅員広め、玄関も大理石から絨毯へ段差無しで接続、など高級なスペックでしたが、 そんなにびっくり感はなかったかなあ。まあ家具を置いてみないと雰囲気は掴みにくいのですけどもね。

 この物件だったら、経年後も唯一無二のプレミアム物件として君臨するかなあと思って購入検討したのですが、ちょっとアーキテクチャー的に好き好き分かれるなあと思って見送りました。

不動産投資1年目の教科書
このページが書籍になりました!
不動産投資1年目の教科書

これから始める人が必ず知りたい80の疑問と答え

玉川陽介 著


不動産投資を始める前の方から不動産投資上級者まで。全ての不動産投資家に向けた「教科書」が完成しました。悩みがち・見落としがちな項目にすべて回答いたします!おかげさまで8刷35,000部を突破!(うち電子5,000)

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事についてのお問合わせ

玉川陽介
不動産投資
メールマガジン
メルマガ購読・解除