[U0-2015]米国不動産市場のトレンド(ミラー・サミュエルとケースシラー指数)

2011/07/24更新

調査日時:2015年12月31日

NYの不動産が最高値更新中!

cap-0218-00

マンハッタン・タイムズスクエアにあるトイザラス旗艦店も賃料高すぎて採算合わず閉店。
マンハッタンの高級不動産価格/賃貸価格は、景気の先行指標として私はとても気にしている。
マンハッタンだとワンルームの部屋でも最低2500ドル(30万)くらいする。だが広さも最低40平米くらいはある。
ミラー・サミュエルは本当に素晴らしい。こんな充実したデータを無料で出しているなんてアメリカ人は親切だ。

ブルームバーグだと一部収録されているがロイターには入っていないのが悲しい。
MANHATTAN While Manhattan year-over-year median rental price expanded for the 21st consecutive month, some market weakness was beginning to appear. という説明もあり、現地では最高値はすでに打ったという見方もありか。

Bloomberg: MLH SQFT Index (Manhattan Luxury Housing Sales Price Per Square Foot)
http://www.millersamuel.com/…/bloomberg-mlh-sqft-index-man…/

Bloomberg: MLHRSQFT Index (Manhattan Luxury Rental Price Per Square Foot)
http://www.millersamuel.com/…/bloomberg-mlhrsqft-index-man…/

Bloomberg: MLHRAVRG Index (Manhattan Luxury Average Rental Price)
http://www.millersamuel.com/…/bloomberg-mlhravrg-index-man…/

Manhattan Average Sales Price
http://www.millersamuel.com/…/manhattan-average-sales-price/

Manhattan Co-op/Condo/Townhouse Monthly Listing Inventory
http://www.millersamuel.com/…/manhattan-co-opcondotownhous…/

 

S&Pケース・シラー住宅価格指数の見方2016 調査日時:2015年12月

さて、多くの人はケースシラー指数を、このグレーのチャートのように表示して、米国不動産は全体的に回復基調だととらえるだろう。

しかし、白いチャート2つを見てほしい。騰落率を都市ごとに集計すると、まったく違う結果が見えてくるのだ。
これによると、2015年3月までは、米国全体が漏れなく上昇していたが、4月以降は全体的に弱く、デトロイトやシカゴは下落に転じており、市況は地域ごとにかなり選択的になっている。
直近の9月(9月のデータが11月に発表となるため最新)では、また全地域がプラスに転じているが、当月だけなのか、また上昇基調に戻ったのかはデータからでは判断が付かず、翌月のデータが楽しみな状況だ。
12月の利上げがほぼ確実となったいま、米国不動産市況の行方はますます気になる。日本の不動産市況にも何らかの影響を与える可能性はあるだろう。

12314679_947982961956837_1134036714482188369_o 12339353_947983018623498_180695715111813092_o 12339529_947983051956828_7443903121377877551_o

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事についてのお問合わせ

玉川陽介
海外投資
メールマガジン
メルマガ購読・解除