2016/03/03

メガバンクと地銀の貸出先主体別比率

月刊金融ジャーナル
金融機関の貸出先別比率の一覧表。なかなかよい資料が出ていました。業界関係者以外でも勉強になる。

12814007_153346685052301_6961499065780861688_n
(著作権の関係上、一部のみ転載)

メガバンクの融資:
住宅ローン比率26%、住宅ローン+中小企業比率63%
地銀の融資:
住宅ローン比率29%、住宅ローン+中小企業比率70%
(本誌を元に玉川まとめ)

ということは、日本全体では、
・大企業融資3割
・住宅ローン3割
・中小企業(地主と賃貸業含む)4割
ということなのだろう。バランスは良い。思ったより住宅ローンの比率が多い。
つまり、住宅の売れ行き=個人消費&日本経済の先行き に近いのであろう。

三菱UFJとみずほは、大企業向けが40-45%と比率高め。
報道でも出ている通りメガバンクは大企業の海外M&Aなどに資金を出しているためだと思われる。

※中小企業庁の定義によれば中小企業とは業界により従業員100-300人以下の会社