2016/07/16

投資や融資で世界の富が増えるのか

結論的には増えません。
「FXはゼロサムで最後には誰も儲からないが、株はそうではない」そう言われているのも違います。
専門家といわれる人たちも含め、多くの人が勘違いしていることです。

銀行で借用書にサインしたり、ネット証券でクリックしたりするだけで
富が増えるわけがないことは、よくよく考えれば、子どもでも分かることでしょう。

では、信用創造で増えるお金、株式の時価総額に比例して増える資産や利益とは何なのでしょうか。

株式市場の時価総額が増えると何が増えるのか

世界の株の時価総額は65兆ドル(玉川調べ)です。
株価が上がり、これが10倍になり650兆になることは可能です。
なぜ、証券会社でポチポチやっただけで
世界の富が増えるのでしょうか。

じつは、株の時価総額の多くは会計上の利益(Unrealized Profit)であり
その多くは、実際には換金できません。
650兆円の時価総額を650兆円分の
食料や金塊に変えることはできないのです。一部分だけならできますが。

では、実際に株式市場に10倍の価値が付いた場合、
そこに投入された買取資金はどこから来るのでしょうか。

債券、普通預金、信用創造によるマネタリーベース増加、
ハイパワードマネー、このあたりが株式市場に流れている計算です。
このキーワードの羅列で、勘のいい人は、もうお分かりですね。

すなわち、実態なき株価上昇というのは、単なるインフレであり、
株に投資した人は「相対的に」儲かるが
その分、現金の価値が失われ、インフレタックス状態になっていると考えるべきなのです。
世界の時価総額の上昇により富が増えたわけではありません。
世界の富は一定なのに、印刷されたお金の枚数だけが増えたのです。

よくよく考えれば、オンライン証券でポチポチやっているだけですので
世界の富が増えるわけもないのは自明です。

株式市場の参加者全員が儲かることはあっても、
世界全体が儲かることはないのです。

よって、投資家や証券会社というのは、お金の流れを最適化したり
右から左に金を動かす仕事であり、富の増加には貢献していません。

信用創造で富が増えるのか

信用創造も同じです。
単に会計上のバーチャルな資産(Unrealized Profit)が増えて流れが良くなるだけで、富が増えるわけではありません

では、バーチャルな資産とは何でしょう。
株の投資家のように、何十億と持っていてもカップラーメンを喰って電車で来るやつがいたり、農家のように働いた分を使わずに、すべて蓄えにまわしたりする人がいます。

働いて得た「お金」とは、富を利用する権利だと考えてみましょう。
人々は、宵越しの金を持たないとは限らず、貯蓄をします。
手持ちのお金をすべてフル消費しているわけではないので、余るわけです。
これを経済システムのなかでは、便宜上、他人に貸してあげていることにしています。

結論的には、金持ちなのにカップラーメンを食べる人は
会計上の富(Unrealized Profit)は得られるますが、実際には、お金を富に交換することを遠慮していて、
そのぶん、金融市場を通じて、富の一時的な付け替え、貸し付けが行われ、他の人が富(Realized Profit)を得ているわけです。
富が増えたというよりは、最適化が行われたに過ぎません。
最適化とは、お金の流れがよくなったことです。

経済システムとはEC2クラウドのようなもの

このように、貨幣の流通を中心とした経済システムとは、
日本の年金システムと同じで、互助組合のような仕組みになっています。
余っている人の手元から、今すぐに使いたい人の手元へ富の移動がされています。
それを仲介するのが銀行や証券です。
そして、この媒介として使われるのがお金なのです。
お金とは譲渡可能なパン券(食堂に持っていくとパンがもらえる券)のようなものなのです。
おなかが空いていない時にもらったパン券は、誰かに貸し出します。

そして、このようなシステムであるがゆえに、
誰かが資源を使いすぎないように(限りあるパンを食べられ過ぎないように)管理して、
帳尻を合わせなければいけません。それが日本銀行の仕事です。

これは、ITで言ったら、富というリソースを中央銀行で一元管理して、
AmazonEC2のようにハードウェア資源(富)をクラウド化しているようなものです。

EC2と同様、みんなが富を同時に使わなければ、少ない富でも、うまくシェアすることにより多くの人が裕福になれます。
100個しか物理CPUがなくても、1,000人のユーザーに、2,000の論理CPUを「いつでも使っていいよ」(Unrealized Profit)とすることは可能なのです。
経済とは、このように、富のタイムシェア(時分割)を実現するための仕組みなのです。
これがあると資源効率が良いわけです。

なお、現金の紙幣とコインしかない「原始的な経済システム」しかない世界も成りたちます。
物々交換に近いオンプレミスな経済。未使用資源が遊んでしまい無駄が多くなります。

話を戻しましょう。
世界の富は中央銀行により、クラウドのように資源管理されています。
そのため、誰かが資源を使いすぎてしまったら、
会計上の利益(Unrealized Profit)は豊富にあるのに、あえて、今はカップラーメンを食べている人、
そして、将来に備えるために、蓄えていた人の取り分に欠損が発生します。
この欠損は、増税による帳尻合わせや、インフレタックスにより埋めるしかありません。

インフレタックスもクラウドで説明するならば、
Pentium3時代に、たくさんの時間と電気代を投下して
数百時間かけて、100万オーダー分の膨大な計算能力を貯蓄した人がいました。
その後、Xeon時代に引き出そうとしたら、100万オーダー程度では、ちょっとウェブを見るだけで終わってしまうような
あまり価値のない計算能力になっていました。
なんか、すごく損した気分。これなら貯蓄しないでPentium3時代に、もっと使っておけば良かった。
時代は変わってしまったのです。でも、数値だけ見ると帳尻は合っている?誰が損しているのだろう?みたいな話しです。

日銀や年金機構などは、
いままさに、どのようにして、勤勉で貯蓄を続けてきた人たちに対して欠損を押しつけるかを
考えるフェーズに来ているといえるでしょう。

逆に、この仕組みをうまく使い、一生、信用創造で他人から借りてきたお金で飲み食いして、遊び尽くし、自分は富を生産せず、そのまま裕福に死んでいく人が多いと、当然に欠損が発生するともいえます。昭和バブル期はそういう時代であったわけです。