[A7-2018] タイの居住権(タイランドエリート)

後日に追記。

タイ政府観光庁のタイランドエリートプログラム。結論的には100万バーツ(350万円程度)で、実質的に誰でも無審査、クレジットカード決済ですぐに取得できる。
そのため、クレジットカードの一括決済で350万円程度が支払えることが必要。クレジットカード以外の支払いもできるがクレジットカードが簡単。
20年間何も更新手続きをしなくても、現地に行かなくても、住まなくても失効しないので、とりあえずの逃避先確保のための取得に最適。

銀行口座の開設サポートもしてくれる。2018年現在、筆者が調べた中では世界で最も安くて簡単に取れる居住権である。
ビザの受け取りは、サポート窓口に渡航便名を伝えれば、スワンナプーム国際空港で担当者が15分くらいですぐに発行してくれる。
英語が話せる必要も特になし。

各種割引などの「おまけ」も用意されているようだが、日本人が使いたいであろう外資系高級ホテルやブランド物などは対象外ばかりであった。タイ国内での特典には期待しない方が良い。
実質的に居住権の販売だと考えるべき。
スワンナプーム国際空港の入国審査(イミグレーション)ではビジネスクラスと同じく優先レーンを利用できる(もともとビジネスクラスで渡航ならば意味はない)
タイ国内でタイランドエリートの割引や特典があるかを何人かの店員さんに聞いて見たものの、あまり認知されていない様子。高級物件の不動産業者などは知っているようだ。


2018/03/19更新