玉川陽介ブログ
玉川陽介ブログ

カテゴリ:

不動産借入における耐用年数延長の可能性


RCと木造の耐用年数は、不動産に携わる人は暗記必須の年数ですRC47年、木造22年です ところで、都心では3割以上の建物が平成元年前後(バブル期)に作られたもので、すでに築25年以上が経過し、RCでも残存年数は20年くら […]

アベノミクスによる異次元の量的緩和が不動産市況に与える影響


【新アベノミクスで何が変わるのか】  アベノミクスと呼ばれる一連の景気刺激策は、4月4日の日銀の黒田新総裁が議長を務める金融政策決定会合の決定事項により、大きく流れが変わりました。4日の発表は、将来的に経済史の教科書の1 […]

量的緩和と財政出動による資産インフレと日本経済破綻のシナリオ


【2013年の経済見通し】  最近、2013年の経済見通しについて雑誌の取材が来て、いろいろと回答しましたので、こちらにも掲載したいと思います。 ■2013年の経済見通し  株や不動産、そして外貨建て資産を多く保有する投 […]