当社の運営体制(金融機関向け)

金融機関向け説明資料

誠実に働いています

不動産ではなくIT企業の文化で育っています

法令遵守
コンプライアンス
情報セキュリティ
会計の透明性
企業の社会的責任
持続可能性(SDGs)
研究開発

など、不動産企業では話題に上がることの少ないテーマも企業の責務として意識しています。
そして、迅速性と正確性。資料の提出が早くて正確です。

この街の一員として地域に根ざした活動をしています

いつも債権者のことを考えています

効率化のなかにも、地域や地域金融機関との「お付き合いの精神」を大事にしています。
「次の10年も地域とともに、地域金融機関とともに.」「In cooperation with Regional Financial Institutions」
を社是とし、本社の壁面にも刻まれています。

事業継続計画(Business Continuity Planning)を考えています

事業は組織的に運用しています。拠点を分散して地理的バックアップ体制を構築しています。

物件の価値向上のためにみんなで汗をかいています

クラウド型の物件管理システムで課題を適切に管理しています

クラウド型の管理システムを自社構築し、
「どの物件で、いつ漏水があった。現況の写真。修繕の検討過程。解決した方法。修繕後の写真」など、
そのすべてを時系列に記録して管理しています。

1.やるべき仕事がリスト化されています

2.問題点を見つけたら課題として登録します

3.進捗をチームで共有します

このシステムで創業以来、4000件以上の課題を解決してきました。
システム上での活動履歴がそのまま管理記録になっており、次の所有者にも引き継ぎできます。

入居者とは密に連絡を取り合います

入居者との連絡にはITツールを活用しています。記録が残る、好きな時間に連絡できる、すぐに対応してもらえる など好評です。

大企業にはできない細かい手仕事で、地域の住環境を作ります

自らでリノベーションのデザインを描きます

西池袋3-7-6新本社リノベーション

高度なデザインも自作します


自らでCAD図面を設計します

自らが図面を描いて細かい指示をするので最適な仕上がりに。コストも削減できます。
特注寸法の造作物も作ります。

品川区物件リノベーションのための作図


できあがり(アクリル製)

練馬区物件リノベーションのための設計図

豊島区物件リノベーションのための指示図

  
大まかな指示は自らがPhotoshop写真合成を作成して設計者や現場担当に分かりやすく伝えます。


タイルを貼る順番も自ら指示します

リノベデザインは実物大の模型を作って検証

最適な答えを求めるために試行錯誤します
たとえば、実物大の模型を作ったり、ひとつの照明器具を特定するために10個の器具を買い、ひとつずつ現場にあてはめ、最適なデザインを検証します。

日本で手に入らない建築資材は海外から輸入します


米国に建材保管用の倉庫を契約しています。意匠性が高く日本製よりも安価です。

オートロック、インターホン、防犯カメラなど電気設備を自作しています

建物設備の再活性化

部屋に付いていたゆうせん放送の天井スピーカーを改造して入居者のiPhoneを接続できるようにしました。

築古物件のオートロック化

昭和仕様の物件をあとから適法にオートロック化するには高度な建築法規検証、電気、ITの知識が縦断的に必要となり、実施できる建物管理者は多くありません。当社では機器の導入、設定も自社で行います。


「まるで町工場の出荷前」社内で丹念に全数テストをしてから入居者のもとへ出荷します。


故障の度に、昭和、平成、令和と、インターホンを継ぎ足しで運用していた現場を、令和に一本化。さらにRFIDタグで自動ドアの解錠ができるようにしました。

防犯カメラシステムの自作

防犯カメラシステムは自作して24時間録画と遠隔監視を月額1,000円以下で実現しています。このシステムが全国15カ所以上稼働中。

防犯カメラの高可用性を実現するためにIntel vPro® プラットフォーム, インテル® Active Management Technologyを採用したエッジサーバーを自ら構築し、その手法を公開しています。

膨大な大規模修繕資金を投下しています

地域に住み心地の良い住宅を供給するため、また、物件の価値を最大化するため、
創業以来、累計5億円を超える修繕資金を投下しています。

ITによる業務の効率化が進んでいます

すべての書類が電子化されています

すべての書類は電子データで管理しています。原本を保管しているのは、契約書など捺印書類、境界確認、構造計算書だけです。
21,000ファイルに及ぶデータは遠隔地も含めて3重にバックアップしています。

大きな図面も特殊な方法で電子化して管理します

    

すべての書類が30秒以内に探し出せる文書管理システムを構築しています

書類が見当たらないときは内容の一部を入力すれば全文検索できるシステムを自作しています。
たとえば、「A物件に設置した楽天モバイルのアンテナ」などと検索すれば約21,000の書類の中から瞬時に検索できます。

書類の内容を自動認識して自動的に整理するAIシステムを自作しています


計算用の機材から自作します。家庭用PCの10倍以上の性能を持つ高性能なものです。


計算ロジックのプログラムも自作します(TF-IDF×コサイン類似度)


スキャンしたさまざまな書類をシステムに入れると自動的に内容に基づいてファイル名が付与され、適切なフォルダに自動仕分けされます。


社内外のITシステムは自分で構築して管理しています

リモートワークを20年前から導入しています。
パソコン上から送受信できるFAXソフトを20年前から使っています。
社内のネットワークは一般企業の10倍の高速度で構成されています。

いつでも完全で透明性の高い財務データを開示しています

膨大な財務・物件データを分かりやすくまとめています


財務資料の品質については高評価を頂くことが多いです。ぜひ一度ご覧ください。

クラウドからいつでも当社の最新財務資料をダウンロードいただけます



金融機関向けの資料ダウンロードシステムからすべての資料がダウンロード可能。紙での送付も可能です。
資料や情報が足りないといわれることはほとんどありません。

過去に金融機関から質問があった事項をまとめてQ&A集を作っています

このため、財務資料を提出後、その内容について問い合わせの電話が来ることはほとんどありません。

現金での支払いがほぼゼロです

すべての取引は銀行振込、電子マネー、クレジットカード決済など記録の残る明朗会計です。

社長自らが会計ソフトを操作して総勘定元帳の全項目を把握しています


社長がすべてを把握しているからこそできることがあります。

全借入を合成して長期の償還シミュレーションをしています


借入金の合成ソフトもExcelで自作して「見える化」しています。
グループの一部法人のみ、運転資金のみ抽出などリアルタイムで変更計算できます。

創業来の修繕履歴をすべて一元管理しています


修繕履歴は、会社別、物件別、年度別に集計されており、集計値を押すと明細が出ます。
さらに、明細を押すと対応する請求書PDFが表示されます。

その他の財務資料も合計値を押すとその明細が出てきます。データのインテグリティ(欠損や不整合がないこと)を意識しています。

紙の書類が紛失していないか定期的に全数確認をしています


権利書や境界確認書類も整理して保管しています。書類に振られた管理番号はデータと対応付けされ、定期的に原本存在確認をしています。

物件の選別は極めて慎重です

物件の購入検討には高精度な収益試算システムを活用しています

当社制作の本シミュレーションは各所から高い評価を受けており書籍化されています。今までに5万人以上の読者が使っており金融機関の審査部にも知られています。金融機関へ持ち込まれる収益試算表の書式としてシェア5割(地銀担当者による)を誇ります。

金融機関の考え方を学んでいます

不動産ファンド、金融機関など機関投資家と同じ情報源で学んでいます


当社の経営のモデルとなっているのは個人の投資家や家主ではありません。
数多くの金融機関から預託された資金を適切に管理し、保有資産100億円の規模に見合った運営をしています。

ニッキン、日銀金融システムレポート、バーゼル規制、日経新聞、ロイター、ブルームバーグ
などから情報を得ています。不動産のみならず世界の景気動向をいつでも確認しています。

規模や知名度にとらわれず、高い技術力で利用者に感動を与えられるサービスや商品を提供する企業を目指しています。

このページのコピーをご利用ください。

これらの当社の取り込みを評価いただき、稟議に書いていただいたケースもあります。
当社の取り組みは週刊東洋経済、週刊ダイヤモンドなどのメディアでも数多く取り上げられ評価されています。