海外投資ナレッジベース ―メイン―

海外投資ナレッジベース

海外投資関連書籍
勝ち続ける個人投資家のニュースの読み方

あらゆる投資対象に使える!

勝ち続ける個人投資家のニュースの読み方

玉川陽介 著


日経新聞はいらない。ロイターで差をつけろ!あなたは米国「ブラックフライデー」のニュースを見過ごしていないか?

立ち読みする

目次を見る

勝ち続ける個人投資家のニュースの読み方 ―目次―

前書き

  • [0] はじめに

1章 ニュースの読み方が変わると、投資の結果も変わる!

  • [1-1] 投資で勝つ人は「ニュースの読み方」が違う
  • [1-2] あなたの投資判断に、「事実」は入っていますか?
  • [1-3] 日経新聞を読む必要はない
  • [1-4]「17のチャート」で金融市場を捉える
  • [1-5]「市場テーマ」から「マネーの動き」を予測する
  • [1-6] ニュースを読む前にやっておくべきこと

2章 ニュースを読む前に、「市場のストーリー」を把握する

  • [2-1]「サブプライム危機」がルールを変えた
  • [2-2] 政府が「バブル崩壊」を避けようとする本当の理由
  • [2-3] ルールを度外視した米国の金融政策
  • [2-4]「100年に一度の危機」の中で利益を出した人たち
  • [2-5]「量的緩和」が「金・不動産の高騰」を引き起こすロジック
  • [2-6] なぜ、FRBは利上げに慎重なのか?
  • [2-7]「FOMCの声明」から読み取る利上げの3つの条件
  • [2-8] 米国の利上げの前に立ちはだかる「20カ国の利下げ競争」

3章 世界のマネーに影響を与える米国市場を読む

  • [3-1] 米国全体の景気を「個人消費」から占う
  • [3-2]「インフレ率伸び悩み」のニュースからわかること
  • [3-3]「強い米ドルは国益」のウラにある米国政府の本心
  • [3-4]「IT産業のニュース」を読み解くコツ
  • [3-5]「ルール変更」のニュースを見逃さない
  • [3-6]「逆転現象」が起きている現在の米国市場
  • [3-7]「米国の利上げ」で売られる金融商品とは?
  • [3-8] バブル化する「ハイイールド債市場」に要注意
  • [3-9]「不動産市況」は「ケース・シラー指数」で地域ごとに見る
  • [3-10] 富裕層向け物件のニュースは「誰が買っているか」に注目

4章 欧州市場は、この7つのニュースをおさえなさい!

  • [4-1] EU誕生は、欧州市場をどう変えたのか?
  • [4-2] なぜ、市場の期待に反してECBの量的緩和は遅れたのか?
  • [4-3] 欧州の信用不安とは逆を行く「国債上昇」の理由
  • [4-4]「スイスフラン・ショック」の真相
  • [4-5]「ギリシャのEU脱退」でリーマン・ショック再来?
  • [4-6]「ロシア・ルーブル危機」が欧州市場に与える影響
  • [4-7]「コモディティ市場」を揺さぶる原油価格暴落の舞台裏

5章 これから、「日本マネー」はどこへ動くのか?

  • [5-1] 失われた20年からアベノミクスへ
  • [5-2] 銀行がマネーの流れを止めていた
  • [5-3] 銀行に本来の仕事をさせようとしたアベノミクス
  • [5-4] 海外の投資家が日本に求める「チェンジ」の真意
  • [5-5] 銀行に積み上がるマネーはどこに向かったのか?
  • [5-6] 実体経済を温め始めた量的緩和マネー
  • [5-7] 日銀による「日本株」と「J‒REIT」の買い支え
  • [5-8] 2%のインフレ目標達成で値上がりするモノ
  • [5-9] 高く積み上がる国債残高と財政破綻の関係
  • [5-10] 個人資産1700兆円が支える日本経済の余力と限界
インカムゲイン投資の教科書

こちらも書籍になりました!

インカムゲイン投資の教科書

玉川陽介 著


まったく新しい投資セオリーを、この1冊に凝縮!!

立ち読みする

目次を見る

インカムゲイン投資の教科書 ―目次―

序章:安定・高利回りは正しい知識から

  • ■世界の債券とREITを組み合わせてつくるインカムゲイン投資
  • ■長期投資に必要な為替の知識
  • ■安定したインカムを得るのに必要な2つの知識
  • ■高い利回りは高い金融リテラシから生まれる
  • ■私の実践するインカムゲイン投資の内容

第1部:10分でわかる!サブプライム危機から米国緩和縮小までの流れ

  • 1章:世界的な量的緩和とこれからの経済
  • ■サブプライム危機を乗り越えろ
  • ■アベノミクスで大きく舵をとった日本経済
  • ■日本と米国が利上げしたときの問題
  • ■インカムゲイン投資家が考えるべきこと

第2部:債券

  • 2章:債券ETFで小資金でも安定・高利回りの長期投資を実現
  • ■高利回りの債券投資とは
  • ■ETFから世界の債券へ簡単投資
  • ■米国債の利回りが重要なわけ
  • ■日本国債のデフォルトに賭ける!?
  • ■米ドル建てもある新興国の高利回り国債に投資
  • ■米有名企業の発行する高格付け社債に投資
  • ■信用力のない企業のジャンク債にも投資
  • ■銀行の発行する特殊な債券は高利回り
  • ■これからの主役は偶発転換社債
  • ■不動産担保ローンの貸し手となって金利をもらう(MBS)
  • ■低リターンの債券投資をおもしろくする金融の魔法(CDO)
  • ■FRBイエレン議長も警鐘を鳴らす高リスクのCLO投資とは
  • ■国や会社の破綻に賭けるCDSを投資対象とするETFが誕生
  • 3章:債券へ投資するファンドの秘密
  • ■豪ドル建て元本確保型ファンドは安全か
  • ■太陽光発電は本当に高利回りか
  • ■カンボジアの銀行に預金して米ドル建てで6%の高金利はお得か
  • ■債券ETFは分配金ではなく保有債券の最終利回りを見よう

第3部:為替

  • 4章:すべての投資に影響を与える「為替」のルール
  • ■為替はどのような要因で動くのか
  • ■筆者の注目している市況データと経済指標
  • ■FXのスワップ金利はインカムゲイン投資になり得るか
  • ■個人でも為替ヘッジありで外貨建て資産に投資できる
  • ■為替への長期投資ならフォワード取引を知っておこう
  • ■30年後に1米ドル70円で買える仕組債はお得か
  • 5章:FX取引の秘密
  • ■FXは個人投資家対FX業者の戦い
  • ■銀行の外貨預金はFXより安全か
  • ■銀行の都合で預入期間が変わる仕組預金
  • ■為替が下がると外貨で償還される仕組預金
  • ■システムトレードと月利2%のFXファンド

第4部:REIT(不動産投資信託)

  • 6章:インカムゲイン投資家のための高利回りREIT投資
  • ■日銀の資産買い入れで注目を集めるJ-REIT市場
  • ■REITの基本ルール
  • ■2つの指標でREIT銘柄の実力を診断しよう
  • ■REITは不動産投資の代替となりえるか
  • 7章:海外REITにも投資できる
  • ■ETFから世界のREITへ簡単投資
  • ■米国市場のREIT全体へ分散投資
  • ■個別銘柄を選んでさらに高利回りを目指す
  • ■長短金利差を利益に変えるモーゲージREIT
  • ■海外REITの分配金利回りを理解しよう
  • ■日本で売られている海外REIT投資信託の過剰配当に注意

第5部:海外証券口座

  • 8章:長期投資に適したレバレッジのかけ方とリスク管理
  • ■海外証券口座を開設しよう
  • ■レバレッジをかけて外国債券へ投資
  • ■ひとつの口座ですべての取引ができる
  • ■為替リスクなしで外貨建て資産に投資する方法
  • ■外国証券会社のデメリットと税金の扱い
  • ■値動きを正しく把握して99%安全な投資を考えよう
  • 終章:長期の国際分散投資は本当に正しい投資法か
  • ■期待リターンとリスクから最適解を導く理論
  • ■国際分散投資への誤解
  • ■市場構造の変化に対応した長期投資を
  • ■インカムゲイン投資で長期安定の高利回り投資を実現しよう
勝者1%の超富裕層に学ぶ 「海外投資」7つの方法

こちらも書籍になりました!

勝者1%の超富裕層に学ぶ「海外投資」7つの方法

玉川陽介 著


外資系プライベートバンクをはじめ、機関投資家からも人気の1冊。発売6ヶ月で1万部突破!

目次を見る

勝者1%の超富裕層に学ぶ「海外投資」7つの方法 ―目次―

序章 個人投資家の知らない特別な債券で14.95%の高利回り

  • [00] 国際金融市場へようこそ!

第1章 プライベートバンク(PB)秘密の扉の内側

  • [01] プライベートバンクとは何か
  • [02] 秘密の扉の内側にある特殊な商品
  • [03] 返済期限なしの低金利ローン
  • [04] プライベートバンキングのサービスと日本の金融規制
  • [05] プライベートバンキングは投資家の敵か味方か

第2章 投資の基本!国際分散投資

  • [06] 富裕層の投資は国際分散投資
  • [07] 筆者の資産内訳を公開!
  • [08] 海外証券会社を駆使してプライベートバンキングを超える投資を行う

第3章 [投資法1] 小資金でできる 高利回り債券投資

  • [09] 高利回り債券に小資金で投資
  • [10] 債券に投資する前に最低限知っておくべきこと
  • [11] 債券投資が有利な6つのポイント
  • [12] 優先出資証券と劣後債の特徴
  • [13] 小資金でも購入できる債券ETFの銘柄
  • [14] 債券ETF投資のポイント
  • [15] 債券と不動産投資を天秤に掛けて投資の優位性を判定

第4章 [投資法2] 小資金でできる ヘッジファンド投資

  • [16] 絶対収益追求型のヘッジファンドへもETF経由で手軽に投資
  • [17] ETFでヘッジファンド型の投資戦略を実現

第5章 [投資法3] 投資信託より有利な新興国投資法

  • [18] 新興国へは投資信託よりもETFで有利に投資
  • [19] 投資先国調査の例
  • [20] 個別国の調査が難しい場合は新興国全体に薄く広く投資

第6章 [投資法4] 投資信託より有利な海外REIT投資法

  • [21] 海外REIT投資信託の中身を徹底解剖
  • [22] 投資信託に代わる低手数料ETF購入のポイント

第7章 [投資法5] 手軽にできる為替ヘッジ

  • [23] 為替市場と先物オプションとは
  • [24] 為替先物オプション購入の実際

第8章 インタラクティブ・ブローカーズ証券から国際金融市場へ

  • [25] インタラクティブ・ブローカーズ証券への口座開設
  • [26] 低金利で借入をしてレバレッジの利いた投資をする
  • [27] 海外証券会社と税

第9章 超富裕層が実践している「海外投資」の奥の手

  • [28] 超富裕層に対する課税包囲網が動き出す
  • [29] オフショアと租税条約とは何か
  • [30] 法令遵守で海外に資産を逃避させるには
  • [31] オフショアで租税回避ができたのは昔の話
  • [32] 小口投資家から見たオフショア

第10章 [投資法6] 海外不動産と居住権で資産と身の安全を同時に確保

  • [33] 値上がり益だけではない海外不動産の魅力
  • [34] 海外不動産の心得
  • [35][松コース]モナコに住まう
  • [36][竹コース]知る人ぞ知るマルタ島
  • [37][梅コース]最安値で居住権が取れるフィリピン
  • [38] 海外居住権は資産である

第11章 [投資法7] 世界のすごいファンドセレクション

  • [39] 金商法の規制がない海外ファンドはすごい!
  • [40] 人の命を賭けの対象とする究極の金融商品 
  • [41] ETF経由でダイヤモンドに投資できる可能性
  • [42] アメリカ大陸の原野に投資するランドバンキング
  • [43] ケース・シラー指数を通じてラスベガスの不動産に小資金で投資
  • [44] アメリカ版 不動産ハゲタカファンド
  • [45] 本書で紹介しきれなかった投資商品